排気ガスが白いor黒い

マフラーから出てくる排気ガスの色が何時もと違うなと気になった時、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか?

排気ガスが白い場合

冬場の寒い朝など、排気ガス中の水分が冷やされて、白い煙となることがあります。この場合には、排気ガスには特別な臭いや汚れはなく、白い煙がすぐに消えるのが特徴です。正常なので特に心配する必要はありません。

エンジン内部のオイルが漏れて燃焼し、排気ガス中に混ざることで白い煙となることがあります。正常な状態ではエンジンオイルは、ガソリンが燃焼する燃焼室内にはごく微量しか入ることはありません。しかし、何らかの不具合でエンジンオイルが燃焼室内に入ってしまうと、ガソリンと一緒に燃焼して白い煙として排気ガス中に排出されます。

エンジンオイルが燃焼室内に入る不具合としては、上側のバルブ周りから漏れてくるオイル下がりや、下側のピストン周りから漏れてくるオイル上がりなどが考えられます。いずれの場合にも、エンジン内部を詳しくみる必要があるためプロに任せた方が良いでしょう。

排気ガスが黒い場合

バックミラー(ルームミラー)を見たら、クルマの後ろにはもくもくと黒い煙が上がっていたなど、排気ガス中に黒い煙が含まれる場合には、ガソリンの異常燃焼の原因が考えられ、空気の量に対してガソリンの量が多い・燃焼室内に汚れが堆積しているなどのケースがあります。

吸い込まれた空気に対してガソリンの量が多く、黒い煙が発生する場合には、エアクリーナーエレメントの詰まりや各種センサーの不良により不完全燃焼を引き起こしている可能性があります。

ガソリンを噴射するインジェクターが燃焼室内にある直噴エンジンなどでは、燃焼室内に燃えカスが堆積しやすく、これが原因で不完全燃焼を引き起こして黒い煙を排出することがあります。

エアクリーナーエレメントの交換や強力洗浄系ガソリン添加剤でのエンジン内部の洗浄などは、比較的簡単な対処法として考えられます。難しい場合やそれでも黒い煙が出る場合には、プロに見てもらった方が良いでしょう。