ランサー(LANCER)のアイドリングが不安定

症状:

・加速が悪くなり、パワーダウンした感じ。スピードが出ない。
・アイドリング回転数が不安定、回転数が上下して安定しない。
・信号待ちでD(ドライブ)で停止すると、アイドリング回転数が低下、車体が震える。
・信号待ちのアイドリング中、突然、回転数が低下してエンストする。
・排気ガスから黒い煙が出る。

対象車種:

ランサー(LANCER) [1.8Lモデル]
・グレード 1.8LモデルのSE-G(GDI)・ラリーアート(GDIターボ)
・型式 CS5A
・販売時期 2003年2月(平成15年2月)~2008年6月(平成20年6月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 4G93(GDI)
・排気量 1834cc 直列4気筒DOHC16バルブ
・ガソリン筒内直接噴射 GDI
・無煙プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・TRグレードはインタークーラーターボ付き(直噴ICターボ仕様)

詳細:

GDIエンジンの登場初こそ問題の発生は無かったものの、ユーザーのクルマが数年(5~10年)・走行距離で数万キロ(5~10万キロ)を過ぎたころから、徐々にエンジンの調子が悪くなるという症状が聞かれるようになりました。問題が発生したときには、新車の保証期間が過ぎていることもあり、ディーラーでも解決できず一時しのぎ的な対応となり、最終的な問題解決のためにエンジンの載せ替えを勧められることもあったようです。

ランサー(1.8LのSE-Gとラリーアート)に搭載されているGDI直噴エンジンは、2000年代前後にかけて世界初の直噴エンジン「GDI」の名で三菱自動車が積極的にアピールし、各モデルのエンジンに採用してきたシステムです。しかし、このGDI直噴エンジンを搭載した車両において、新車から年数が経ち走行距離が増えるにつれてエンジンに不調症状が現れるケースが多発し、2000年代後半にはGDIは欠陥エンジンと言われ三菱自動車のラインナップから姿を消しました。

GDIエンジンの不調は、直噴エンジンの構造上の特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、根本的な解決策はなく、悩まされるユーザも多くいるようです。メーカーとしては、その対策としてか、GDIエンジン専用のエンジンオイルやGDIエンジン専用のプラグの使用、指定されてプレミアムガソリンを必ず使用することを推奨しています。

通常のエンジンは、あらかじめ手前で空気とガソリンを混ぜてから、それを燃焼させて動力を得る燃焼室と呼ばれる場所に送り込みます。一方、GDI直噴エンジンは、空気のみが入った燃焼室に直接ガソリンを噴射しすぐに燃焼させる仕組みです。そのため、直噴エンジンは通常のエンジンと比べて、ガソリンと空気が混ざり合う時間が極端に少なく、きれいに燃焼させることが困難とされ、その実用化のために様々な高度な最新技術が必要となりました。

エンジン不調の原因としては、長期間&長走行距離の使用によりエンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が妨げとなり、燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼が出来ないため、パワーダウンや不安定なアイドリングやエンストや黒煙などのトラブルを引き起こします。

新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングや一定回転数での長時間走行など通常走行ではない運転を行うとエンジンに汚れが堆積してし不調を引き起こし、アイドリング回転数が不安定になるなどの症状が出るのではないかとも言われています。

直噴エンジンでは、特に燃料を噴射するインジェクション周りに汚れが堆積しやすく、これがエンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げて、不完全燃焼を引き起こし、性能の低下や不安定なアイドリングなど症状も引き起こします。そして、この不完全燃焼が原因となり、エンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返され、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

パジェロイオ(PAJERO io)のアイドリングが不安定

症状:

・加速が悪くなり、パワーダウンした感じ。スピードが出ない。
・アイドリング回転数が不安定、回転数が上下して安定しない。
・信号待ちでD(ドライブ)で停止すると、アイドリング回転数が低下、車体が震える。
・信号待ちのアイドリング中、突然、回転数が低下してエンストする。
・排気ガスから黒い煙が出る。

対象車種:

[1.8Lモデル] パジェロイオ (PAJERO io)
・グレード 1.8Lモデルの大半のグレード・・・アクティブフィールドとパールパッケージ以外
・型式 H61W H71W H66W H76Wの一部
・販売時期 1998年6月(平成10年6月)~2005年12月(平成17年12月)

[2.0Lモデル] パジェロ (PAJERO)
・グレード 2.0Lモデルの全グレード
・型式 H62W H72W H67W H77W
・販売時期 2000年6月(平成12年6月)~2007年8月(平成19年8月)

搭載エンジン:

[1.8Lモデル] パジェロイオ (PAJERO io)
・エンジン型式 4G93(GDI)
・排気量 1834cc 直列4気筒DOHC16バルブ
・ガソリン筒内直接噴射 GDI
・無煙プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・TRグレードはインタークーラーターボ付き(直噴ICターボ仕様)

[2.0Lモデル] パジェロイオ (PAJERO io)
・エンジン型式 4G94(GDI)
・排気量 1999cc 直列4気筒DOHC16バルブ
・ガソリン筒内直接噴射 GDI
・無煙プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

 

詳細:

パジェロイオの発売当初こそ問題の発生は無かったものの、ユーザーの手元に渡ったクルマが数年(5~10年)・走行距離で数万キロ(5~10万キロ)を過ぎたころから、徐々にエンジンの調子が悪くなるという症状が聞かれるようになりました。問題が発生したときには、新車の保証期間が過ぎていることもあり、ディーラーでも解決できず一時しのぎ的な対応となり、最終的な問題解決のためにエンジンの載せ替えを勧められることもあったようです。

パジェロイオに搭載されているGDI直噴エンジンは、90年代末から2000年代中頃にかけて世界初「GDI」の名で三菱自動車が積極的にアピールし、各モデルに搭載してきたエンジンです。しかし、このGDI直噴エンジンを搭載した車両で、年数が経ち走行距離が増えるとエンジンに不調症状が現れるケースが多発し、2000年代中ごろにはGDIは欠陥エンジンと言われ三菱自動車のラインナップから姿を消しました。

GDIエンジンの不調は、直噴エンジンの構造上の特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、根本的な解決策はなく、悩まされるユーザも多くいるようです。メーカーとしては、その対策としてか、GDIエンジン専用のエンジンオイルやGDIエンジン専用のプラグの使用、指定されてプレミアムガソリンを必ず使用することを推奨しています。

通常のエンジンは、あらかじめ手前で空気とガソリンを混ぜてから、それを燃焼させて動力を得る燃焼室と呼ばれる場所に送り込みます。一方、GDI直噴エンジンは、空気のみが入った燃焼室に直接ガソリンを噴射しすぐに燃焼させる仕組みです。そのため、直噴エンジンは通常のエンジンと比べて、ガソリンと空気が混ざり合う時間が極端に少なく、きれいに燃焼させることが困難であり、その実用化のために様々な高度な最新技術が必要となりました。

エンジン不調の原因としては、長期間&長走行距離の使用によりエンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が妨げとなり、燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼が出来ないため、パワーダウンや不安定なアイドリングやエンストや黒煙などのトラブルを引き起こします。

新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングや一定回転数での長時間走行など想定外の運転を行うとエンジンに汚れが堆積してし不調を引き起こし、アイドリング回転数が不安定になるなどの症状が出るのではないかとも言われています。

直噴エンジンでは、特に燃料を噴射するインジェクション周りに汚れが堆積しやすく、これがエンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げて、不完全燃焼を引き起こし、性能の低下や不安定なアイドリングなど症状も引き起こします。そして、この不完全燃焼が原因となり、エンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返され、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

パジェロ(PAJERO)のアイドリングが不安定

症状:

・加速が悪くなり、パワーダウンした感じ。スピードが出ない。
・アイドリング回転数が不安定、回転数が上下して安定しない。
・信号待ちでD(ドライブ)で停止すると、アイドリング回転数が低下、車体が震える。
・信号待ちのアイドリング中、突然、回転数が低下してエンストする。
・排気ガスから黒い煙が出る。

対象車種:

2代目 パジェロ (PAJERO)
・グレード 3.5Lガソリンの全グレード・・・メタルトップワイド・ミッドルーフワイド
・型式 V25W V45W
・販売時期 1997年5月(平成9年5月) ~1999年9月(平成11年9月)

3代目 パジェロ (PAJERO)
・グレード 3.5Lガソリン2005年10月までのグレード・・・ショートエクシード・ロングエクシード
・型式 V65W V75W
・販売時期 1999年10月(平成11年10月) ~2005年10月(平成17年10月)

 

搭載エンジン:

・エンジン型式 6G74(GDI)
・排気量 3496cc  V型6気筒DOHC24バルブ
・ガソリン筒内直接噴射
・無煙プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車の時期には問題ないものの、数年(5~10年)・走行距離で数万キロ(5~10万キロ)が過ぎたころから、徐々にエンジンの調子が悪くなることが多いようです。問題が発生したときには、新車の保証期間が過ぎていることもあり、ディーラーでも解決できず一時しのぎ的な対応となり、最終的な問題解決のためにエンジンの載せ替えを勧められることもあるようです。

パジェロに搭載されているGDI直噴エンジンは、90年代末から2000年代中頃にかけて世界初「GDI」の名で三菱自動車が積極的にアピールし、各モデルに搭載してきたエンジンです。しかし、このGDI直噴エンジンを搭載した車両で、年数が経ち走行距離が増えるとエンジンに不調症状が現れるケースが多発し、2000年代中ごろにはGDIは欠陥エンジンと言われ三菱自動車のラインナップから姿を消しました。

GDIエンジンの不調は、直噴エンジンの構造上の特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、根本的な解決策はなく、悩まされるユーザも多くいるようです。メーカーとしては、その対策としてか、GDIエンジン専用のエンジンオイルやGDIエンジン専用のプラグの使用、指定されてプレミアムガソリンを必ず使用することを推奨しています。

通常のエンジンは、あらかじめ手前で空気とガソリンを混ぜてから、それを燃焼させて動力を得る燃焼室と呼ばれる場所に送り込みます。一方、GDI直噴エンジンは、空気のみが入った燃焼室に直接ガソリンを噴射しすぐに燃焼させる仕組みです。そのため、直噴エンジンは通常のエンジンと比べて、ガソリンと空気が混ざり合う時間が極端に少なく、きれいに燃焼させることが困難であり、その実用化のために様々な高度な最新技術が必要となりました。

エンジン不調の原因としては、長期間&長走行距離の使用によりエンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が妨げとなり、燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼が出来ないため、パワーダウンや不安定なアイドリングやエンストや黒煙などのトラブルを引き起こします。

新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングや一定回転数での長時間走行など想定外の運転を行うとエンジンに汚れが堆積してし不調を引き起こし、アイドリング回転数が不安定になるなどの症状が出るのではないかとも言われています。

直噴エンジンでは、特に燃料を噴射するインジェクション周りに汚れが堆積しやすく、これがエンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げて、不完全燃焼を引き起こし、性能の低下や不安定なアイドリングなど症状も引き起こします。そして、この不完全燃焼が原因となり、エンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返され、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、初期の段階ならば、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

セルボ(CERVO)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。勝手にエンジン回転数が上下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止すると、車体がブルブル震える。
・信号待ちでアイドリング中状態で停止中、突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

セルボ (CERVO)
・グレード SR ・・・直噴ターボ CVT
・型式 HG21Sの一部
・販売時期 2007年10月(平成19年10月)~2009年12月(平成21年12月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 K6A 直噴ターボ
・排気量 658cc  水冷直列3気筒12バルブ ICターボ
・筒内直接燃料噴射装置
・レギュラーガソリン仕様

詳細:

新車や走行距離が少ない時期には問題なく、登録から数年・走行距離で数万キロが過ぎたころから、調子が悪くなるケースが多いようです。問題が発生したときには、新車の保証期間が過ぎていることが多く、ディーラーでも、簡単には解決できず、最終的な問題解決のためにエンジン交換を勧められることもあるようです。

これらの症状は、直噴エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、直噴エンジンの構造上の問題であるため、根本的な解決策はなく、悩まされるユーザも多くいるようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

直噴エンジンの特徴は、エンジン内でガソリンを燃焼させて動力を得る燃焼室と呼ばれる場所に直接ガソリンを噴射し空気と混ぜる仕組みです。通常のエンジンは、あらかじめ空気とガソリンを混ぜてから燃焼室内に送り込みます。そのため、直噴エンジンは通常のエンジンと比べて、ガソリンと空気が混ざり合う時間が極端に少なく、きれいに燃焼させることが困難であり、実用化には高度な技術が必要でした。

スティングレーDIグレードに搭載されているのは 型式K6A直噴ターボという水冷直列3気筒に直噴システムとターボを組み合わせたエンジンで、ガソリンが燃焼する燃焼室と呼ばれる場所に直接ガソリンを注入することで、出力性能や燃費性能を向上させた画期的なエンジンです。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングなど想定外の運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることが多くのユーザーから報告されています。

特にインジェクション周りに汚れが堆積しやすく、これがエンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げて、不完全燃焼を引き起こし、性能の低下や不安定なアイドリングなど症状も引き起こします。そして、この不完全燃焼が原因となり、エンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返され、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

ワゴンR スティングレーDI(WAGON-R)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。勝手にエンジン回転数が上下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止すると、車体がブルブル震える。
・信号待ちでアイドリング中状態で停止中、突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

ワゴンR (WAGON-R)
・グレード スティングレーDI
・型式 MH22Sの一部
・販売時期 2007年2月(平成19年2月)~2008年9月(平成20年9月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 K6A 直噴ターボ
・排気量 658cc  水冷直列3気筒12バルブ ICターボ
・筒内直接燃料噴射装置
・レギュラーガソリン仕様

詳細:

新車から数年・走行距離で数万キロが過ぎたころから、調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時は問題なく、年月が過ぎて走行距離が増え、新車の保証期間が終わった後に発生することが多く、ディーラーでは最終的な問題解決のためにエンジン交換を勧められることがあるようです。

これらの症状は、直噴エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、エンジンの構造上の問題であり、根本的な解決策はないため、悩まされるユーザも多くいるようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

直噴エンジンの特徴は、エンジン内でガソリンを燃焼させて動力を得る燃焼室と呼ばれる場所に直接ガソリンを噴射し空気と混ぜる仕組みです。通常のエンジンは、あらかじめ空気とガソリンを混ぜてから燃焼室内に送り込みます。そのため、直噴エンジンは通常のエンジンと比べて、ガソリンと空気が混ざり合う時間が極端に少なく、きれいに燃焼させることが困難であり、実用化には高度な技術が必要でした。

スティングレーDIグレードに搭載されているのは 型式K6A直噴ターボという水冷直列3気筒に直噴システムとターボを組み合わせたエンジンで、ガソリンが燃焼する燃焼室と呼ばれる場所に直接ガソリンを注入することで、出力性能や燃費性能を向上させた画期的なエンジンです。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングなど想定外の運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることが多くのユーザーから報告されています。

特にインジェクション周りに汚れが堆積しやすく、これがエンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げて、不完全燃焼を引き起こし、性能の低下や不安定なアイドリングなど症状も引き起こします。そして、この不完全燃焼が原因となり、エンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返され、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※市販のガソリン添加剤は効果の弱いので、下記のような専用の強力な製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

ワゴンR RR(WAGON R RR)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。勝手にエンジン回転数が上下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止すると、車体がブルブル震える。
・信号待ちでアイドリング中状態で停止中、突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

ワゴンR RR (WAGON-R RR)
・グレード RR-DI
・型式 UA-MH21S・CBA-MH21S・CBA-MH22Sの一部
・販売時期
[UA-MH21S] 2003年9月(平成15年9月)~2004年5月(平成16年5月)
[CBA-MH21S] 2004年6月(平成16年6月)~2007年4月(平成19年4月)
[CBA-MH22S] 2008年5月(平成19年5月)~2008年9月(平成20年9月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 K6A 直噴ターボ
・排気量 658cc  水冷直列3気筒12バルブ ICターボ
・筒内直接燃料噴射装置
・レギュラーガソリン仕様

詳細:

新車から数年・走行距離で数万キロが過ぎたころから、調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時は問題なく、年月が過ぎて走行距離が増え、新車の保証期間が終わった後に発生することが多く、ディーラーでは最終的な問題解決のためにエンジン交換を勧められることがあるようです。

これらの症状は、直噴エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、エンジンの構造上の問題であり、根本的な解決策はないため、悩まされるユーザも多くいるようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

RR-DIグレードに搭載されているのは 型式K6A直噴ターボという水冷直列3気筒に直噴システムとターボを組み合わせたエンジンで、ガソリンが燃焼する燃焼室と呼ばれる場所に直接ガソリンを注入することで、出力性能や燃費性能を向上させた画期的なエンジンです。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングなど想定外の運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることが多くのユーザーから報告されています。

特にインジェクション周りに汚れが堆積しやすく、これがエンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げて、不完全燃焼を引き起こし、性能の低下や不安定なアイドリングなど症状も引き起こします。そして、この不完全燃焼が原因となり、エンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返され、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※市販のガソリン添加剤は効果の弱いので、下記のような専用の強力な製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

クラウンマジェスタ(CROWN MAJESTA)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が上下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

初代 クラウンマジェスタ(CROWN MAJESTA) [3.0Lモデル]
・グレード 3.0Aタイプ、3.0Cタイプ
・型式 JZS177
・販売時期 1999年9月(平成11年9月)~2004年7月(平成16年7月)

搭載エンジン:

[3.0Lモデル]
・エンジン型式 2JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2997cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、エンジンの構造上の問題であり、根本的な解決策はないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

3.0Lモデルに搭載された 型式2JZ-FSEという水冷直列6気筒の直噴エンジンは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走れる超希薄燃焼と呼ばれる方式が採用されていることもあり、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングなど想定外の運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、これが原因となり不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに性能低下を引き起こし調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあり、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

クラウンエステート(CROWN ESTATE)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が上下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

初代 クラウンエステート(CROWN ESTATE) [2.5Lモデル]
・グレード アスリート・アスリートプレミアム・・・5AT・2491cc
・型式:JZS171Wの一部
・販売時期 2001年8月(平成13年8月)~2003年12月(平成15年12月)

初代 クラウンエステート(CROWN ESTATE) [3.0Lモデル]
・グレード ロイヤルサルーン・アスリートG
・型式 JZS175Wの一部
・販売時期 1999年9月(平成11年9月)~2003年12月(平成15年12月)

搭載エンジン:

[2.5Lモデル]
・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

[3.0Lモデル]
・エンジン型式 2JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2997cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、エンジンの構造上の問題であり、根本的な解決策はないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

2.5Lの 1JZ-FSE ・3.0Lの 2JZ-FSE という型式の水冷直列6気筒の直噴エンジンは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走れる超希薄燃焼と呼ばれる方式が採用されていることもあり、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間にわたるアイドリングなど想定外の運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、これが原因となり不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに性能低下を引き起こし調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあり、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

クラウン(CROWN)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が上下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

11代目 クラウン(CROWN) [2.5Lモデル]
・グレード ロイヤルエクストラ・ロイヤルサルーン・アスリート
・型式:JZS171の一部
・販売時期 2001年8月(平成13年8月)~2003年12月(平成15年12月)

11代目 クラウン(CROWN) [3.0Lモデル]
・グレード ロイヤルサルーン・ロイヤルサルーンG・アスリートG・[マイルドハイブリッド]
・型式 JZS175の一部、JKS175(マイルドハイブリッド)
・販売時期 1999年9月(平成11年9月)~2003年12月(平成15年12月)

搭載エンジン:

[2.5Lモデル]
・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

[3.0Lモデル]
・エンジン型式 2JZ-FSE (D-4 直噴)、 2JZ-FSE+1GM(マイルドハイブリッド)
・排気量 2997cc  水冷直列6気筒DOHC、+モーター(マイルドハイブリッド)
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、エンジンの構造上の問題であり、根本的な解決策はないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が燃焼室内でのガソリンの正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

2.5Lの 1JZ-FSE ・3.0Lの 2JZ-FSE という型式のエンジンでは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走る超希薄燃焼と呼ばれる方式が採用されていることもあり、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間のアイドリングなどの運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、これが原因となり不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに性能低下を引き起こし調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあり、エンジンが始動しなくなるほど悪化するケースもあるようです。

対策(解決方法):

基本的には、原因となるエンジン内部の汚れを除去する洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)により解決します。具体的には、洗浄系ガソリン添加剤や薬剤の注入によりエンジン内部を洗浄し、それでも解決しない場合には、やエンジンを分解して清掃するオーバーホールという作業が必要になります。

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)(数万円の費用)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換(数十万円の費用)

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

ブレビス(BREVIS)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初代 ブレビス(BREVIS) 全グレード・・・2491cc・2997cc
・型式
2.5L モデル:JCG10
3.0L モデル:JCG11
・販売時期 2001年6月(平成13年6月)~2007年5月(平成19年5月)

搭載エンジン:

[2.5Lモデル]
・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

[3.0Lモデル]
・エンジン型式 2JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2997cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、一般的には知られていないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

2.5Lの1JZ-FSEという型式のエンジンでは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走る超希薄燃焼と呼ばれる方式が採用されているため、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間のアイドリングなどの運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあるようです。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

プログレ(PROGRES)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初代 プログレ(PROGRES) 2001年4月(平成13年4月)発売以降の全グレード・・・2491cc・2997cc
・型式
2.5L モデル:JCG10・JCG15
3.0L モデル:JCG11
・販売時期 2001年4月(平成13年4月)~2007年5月(平成19年5月)

搭載エンジン:

[2.5Lモデル]
・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

[3.0Lモデル]
・エンジン型式 2JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2997cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

 

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、一般的には知られていないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

2.5Lの1JZ-FSEという型式のエンジンでは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走る超希薄燃焼と呼ばれる方式が採用されているため、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間のアイドリングなどの運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあるようです。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

ヴェロッサ(VEROSSA)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初代 ヴェロッサ(VEROSSA) 25・V25グレード・・・2491cc・5AT・FR
・型式 TA-JZX110
・販売時期 2001年7月(平成13年7月)~2004年4月(平成16年4月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、一般的には知られていないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1JZ-FSEという型式のエンジンでは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走る超希薄燃焼と呼ばれる方式を採用しているため、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間のアイドリングなどの運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあるようです。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

マークIIブリット(MARK II BLIT)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初期型 マークIIブリット(MARK II BLIT) 2.5L FRのiR-Sグレード・・・5AT・FR・2491cc
・型式 TA-JZX110W
・販売時期 2002年1月(平成14年1月)~2007年5月(平成19年5月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、一般的には知られていないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1JZ-FSEという型式のエンジンでは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走る超希薄燃焼と呼ばれる方式を採用しているため、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間のアイドリングなどの運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあるようです。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

マークII(MARK II)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・9代目 マークII(MARK II) 2.5Lモデルのグランデ・グランデiR-S・グランデG
・型式 TA-JZX110
・販売時期 2000年10月(平成12年10月)~2004年11月(平成16年11月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1JZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2491cc  水冷直列6気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様
・D-4 直噴 超希薄燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いため、保証期間が延長されるケースもあります。

これらの症状は、直噴D-4エンジンの特有の問題として、ごく一部のディーラや整備工場で知られていますが、一般的には知られていないため、悩まされるユーザも多くいるようです。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1JZ-FSEという型式のエンジンでは、一般のエンジンよりも少量のガソリンで走る超希薄燃焼と呼ばれる方式を採用しているため、燃費性能は非常に優れています。

しかし、新車登録からの年数が経過し走行距離を増えてくると、長時間のアイドリングなどの運転を行うとエンジンの吸気側に汚れが堆積してしアイドリング回転数が不安定になるケースがあることがトヨタからも報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあるようです。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

アイシス(ISIS)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初期型 アイシス(ISIS) 2000cc各グレード・・・2000cc+CVTモデル
・型式 ANM10G・ANM10W・ANM15G・ANM15W
・販売時期 2004年9月(平成16年9月)~2009年8月(平成21年8月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 1998cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・レギュラーガソリン仕様
・リンバーン燃焼 → ストイキ燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いです。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のディーラーや整備工場ではD-4エンジン特有の困難な問題として知られています。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1AZ-FSEという型式のエンジンでは、アイドリング時にストイキ燃焼と呼ばれる方法を採用しており、長時間のアイドリングによりエンジン内に汚れが堆積してしまいアイドリング回転数が不安定になる場合があるようです。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあります。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

ウィッシュ(WISH)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初期型 カルディナ(CALDINA) G・Zグレード・・・2000cc+CVTモデル
・型式 ANE10G・ANE11W
・販売時期 2003年4月(平成15年4月)~2009年4月(平成21年4月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 1998cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・レギュラーガソリン仕様
・リンバーン燃焼 → ストイキ燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いです。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のディーラーや整備工場ではD-4エンジン特有の困難な問題として知られています。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1AZ-FSEという型式のエンジンでは、アイドリング時にストイキ燃焼と呼ばれる方法を採用しており、長時間のアイドリングによりエンジン内に汚れが堆積してしまいアイドリング回転数が不安定になる場合があるようです。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあります。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

アベンシスセダン(AVENSIS WAGON)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初期型 アベンシスワゴン(AVENSIS WAGON) 全グレード・・・2.0Lおよび2.4Lモデル
・型式
2.0Lモデル:AZT250W・AZT255W
2.4Lモデル:AZT251W
・販売時期
2.0Lモデル:2003年10月(平成15年10月)~2008年12月(平成20年12月)
2.4Lモデル:2005年9月(平成17年9月)~2008年12月(平成20年12月)

搭載エンジン:

[2.0Lモデル]
・エンジン型式 1AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 1998cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・レギュラーガソリン仕様
・リンバーン燃焼 → ストイキ燃焼

[2.4Lモデル]
・エンジン型式 2AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2362cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いです。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のディーラーや整備工場ではD-4エンジン特有の困難な問題として知られています。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1AZ-FSEという型式のエンジンでは、アイドリング時にストイキ燃焼と呼ばれる方法を採用しており、長時間のアイドリングによりエンジン内に汚れが堆積してしまいアイドリング回転数が不安定になる場合があるようです。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあります。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

アベンシスセダン(AVENSIS SEDAN)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・アベンシスセダン(AVENSIS SEDAN) 全グレード・・・2.0Lおよび2.4Lモデル
・型式
2.0Lモデル:AZT250・AZT255
2.4Lモデル:AZT251
・販売時期
2.0Lモデル:2003年10月(平成15年10月)~2008年12月(平成20年12月)
2.4Lモデル:2005年9月(平成17年9月)~2008年12月(平成20年12月)

搭載エンジン:

[2.0Lモデル]
・エンジン型式 1AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 1998cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・リンバーン燃焼 → ストイキ燃焼

[2.4Lモデル]
・エンジン型式 2AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 2362cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・プレミアムガソリン(ハイオク)仕様

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いです。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のディーラーや整備工場ではD-4エンジン特有の困難な問題として知られています。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1AZ-FSEという型式のエンジンでは、アイドリング時にストイキ燃焼と呼ばれる方法を採用しており、長時間のアイドリングによりエンジン内に汚れが堆積してしまいアイドリング回転数が不安定になる場合があるようです。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあります。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

カルディナ(CALDINA)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・3代目 カルディナ(CALDINA) Z・ZTグレード・・・4AT・ターボなし2000ccモデル
・型式 AZT241W・AZT246W
・販売時期 2002年9月(平成14年9月)~2007年5月(平成19年5月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 1998cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・リンバーン燃焼 → ストイキ燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いです。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のディーラーや整備工場ではD-4エンジン特有の困難な問題として知られています。このタイプのD-4エンジンを搭載した他の車種でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1AZ-FSEという型式のエンジンでは、アイドリング時にストイキ燃焼と呼ばれる方法を採用しており、長時間のアイドリングによりエンジン内に汚れが堆積してしまいアイドリング回転数が不安定になる場合があるようです。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こすことでエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらに調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあります。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤

アリオン(ALLION)のアイドリングが不安定

症状:

・アイドリングの回転数が安定しない。不規則に回転数が低下する。
・信号待ちでD(ドライブ)に入れブレーキを踏んだ状態でアイドリング回転数が低下する。
・D(ドライブ)でブレーキを踏んで停止した状態で、車体がブルブル不規則に揺れる。
・信号待ちでアイドリング中に突然、回転数が低下してエンストする。

対象車種:

・初期型 アリオン(ALLION) A20グレード・・・2000cc+CVTモデル
・型式 AZT240
・販売時期 2001年12月(平成13年12月)~2007年6月(平成19年6月)

搭載エンジン:

・エンジン型式 1AZ-FSE (D-4 直噴)
・排気量 1998cc  水冷直列4気筒DOHC
・筒内直接燃料噴射装置(D-4)
・リンバーン燃焼 → ストイキ燃焼

詳細:

新車登録から数年・走行距離が数万キロが経過してから、徐々に調子が悪くなるケースが多いようです。走行距離が少ない時に発生することはなく、走行距離が多くなり、新車登録から5年間・10万キロの保証期間が終わった後に発生することが多いです。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のディーラーや整備工場ではD-4エンジン特有の困難な問題として知られています。アリオン(ALLION)の姉妹車であるプレミオ(PREMIO)のGグレード(2L+CVT)でも同様の問題が発生しているようです。

原因としては、長期間&長走行距離の使用により、エンジン内部に堆積したガソリンの燃えカス(カーボン)が正常な燃焼を妨げ、アイドリング回転数を不安定にするなどのトラブルを引き起こします。

また、この1AZ-FSEという型式のエンジンでは、アイドリング時に使用するガソリンの量を通常より少なくしたストイキ燃焼と呼ばれる方法を採用しており、長時間のアイドリングによりエンジン内に汚れが堆積してしまいアイドリング回転数が不安定になる場合があることが報告されています。

特にインジェクション周りに堆積した汚れは、エンジン内部での正常なガソリンの燃焼を妨げ性能の低下を引き起こすのみでなく、不完全燃焼を引き起こしてエンジン内部にさらに多くの汚れを堆積させ、さらにエンジンの調子を悪くするという悪循環が繰り返されることもあります。

対策(解決方法):

エンジン内部の洗浄 (インジェクション・燃焼室・スロットルバルブ)やエンジンの分解オーバーホール

第1段階:強力洗浄系ガソリン添加剤によるエンジン内部の洗浄(簡単・低コスト)
(上記↑で解決できないときは↓第2段階)
第2段階:ディーラーや整備工場での吸気系統からの洗浄(数万円の費用)

第3段階:部品故障による可能性(スロットルバルブやセンサーなど)

第4段階:エンジンのオーバーホールもしくはエンジン交換

※強力洗浄系ガソリン添加剤は効果の弱い市販製品でなく、専用製品を使う必要あり。

参考:OH+PRODUCTS 強力洗浄系ガソリン添加剤